カードローン 選ぶ

MENU

金利は低くなくても利息負担を減らす方法がある

消費者金融などでの借り入れは手軽さがある反面、金利が高くなっています。最短即日融資によってスピーディな借り入れができるのは大きな魅力ではありますが、その代わりに金利が高くなっているので返済の負担が大きくなってしまいます。

 

金利を抑えて借りるなら銀行となりますが、銀行は手続きが早くなってきたとは言ってもまだまだ消費者金融の方が早さの面では強いです。また、申し込み後の審査基準に関しても銀行よりも消費者金融の方が有利な内容となっている場合が多いので、利用のしやすさの面でも消費者金融は強いのです。

 

だからと言って返済の負担はどこまでも妥協をしても良いわけではないので、金利が高いとしても利息負担を減らせる利用の方法を考えてみるべきです。そこで注目をしたいのが、無利息期間のある借り入れです。

 

大手消費者金融のプロミスを例に挙げると、初めてプロミスを利用される方はメールアドレスとWebでの明細の交付登録を行うと、30日間の無利息キャッシングの利用ができます。借り入れの翌日から30日間無利息となるので、金利が高かったとしても利息が発生しません。

 

どんなに低金利の銀行カードローンよりも30日間はプロミスの方が返済負担が軽くなるので、一度で全てを返す予定の方はもちろん、それ以外でも即日融資も可能なプロミスは優れたサービス内容となっています。

 

金利だけで見れば高い大きな負担となる消費者金融であっても、様々なサービスを利用することで実際の返済にかかる負担は軽減できる可能性があるのです。