カードローン 選ぶ

MENU

マチ金の金利は本当に高いのかを知っておく

何だか怪しい響きすらあるマチ金は、一般的に小規模な消費者金融を指す言葉です。正規の消費者金融でも規模が小さいところはマチ金と呼ばれ、違法な貸し付けを行う闇金融とは別物です。

 

ときとしてマチ金と闇金は混同されてしまいますが、大きく異なります。マチ金はしっかりと正しく貸金業者としての届出がされている正規の消費者金融となりますが、闇金は届出もされていない法外な金利設定や取り立てを行う違法な存在です。

 

マチ金に関しては正規の消費者金融であるために金利も法律に則っていますが、闇金に関しては別です。つまり、マチ金と呼ばれるところでも正規の消費者金融である以上は、金利が特別に高いといったことはありません。

 

そもそも消費者金融は大手でも中堅でも、実際には金利に大きな違いはありません。上限金利で見てみると、大手のアコムは実質年率で18.0%、中堅どころのダイレクトワンで20.0%、マチ金と呼ばれるような小規模な消費者金融でも大体が20.0%となります。

 

18.0%と20.0%を比べると2.0%の開きがありますが、マチ金での融資額は5万円や10万円などの少額がほとんどのため、2.0%の金利差による利息負担の違いは僅かなものでしかありません。

 

マチ金は金利が高いといったイメージは間違っており、正規の消費者金融であればマチ金でも安心のキャッシングの利用ができるようになっているのです。